タロットカード占い【10.運命の輪】

Ⅹ 運命の輪

「運命の輪」は、まさしく人生の転機を象徴するカードです。

このカードは、ひとつの周期、物事の終わりと始まり、時の流れを物語るもの。

好転、暗転、流転、あらゆる変化の象徴です。

 

 

「運命の輪」の基本的な意味として、「変転」 「運気」 「チャンス」 「可能性の展開」

があげられます。

 

 

そして逆位置の場合、それが「運気が停滞」 「チャンスが訪れない」 「結果がでない」

結構ひどいことを言われます。

 

 

これは、相談者の本質的な幸不幸や能力を示しているのではありません

また幸不幸という言葉も、そのカードが出た時点でのみ、ふさわしい事柄であって、

永続的なことではないのです。

 

 

安易に運気が停滞だと簡単にいう占い師は多いので注意してください。

 

 

逆位置は確かに環境に恵まれず物事がスムーズに進まないことを示します。

また、急な発熱や突発的なケガなど、アクシデントを暗示していますが、

一時的にものですので、相手や周囲が変化するのを待つのが良いのです。

 

 

運命の輪の絵に翼がある人、鷲、獅子、牡牛が、 それぞれ「水」「風」「火」「土」という

四大を司る守護天使として描かれています。

 

 

四大天使達は人間の精神構造で当てはめることができるといわれています。

四要素をそれぞれ、「直観」 「感情」 「思考」 「物質的感覚あるいは肉体」に

当てはめられます。

 

 

逆位置の場合、それぞれのバランスが崩れてしまうことで、急なアクシデントにおいて

「直観」「感情」「思考」「物質的感覚あるいは肉体」が対応できなくなるのです。

 

 

例えば、激しく人を非難する感情、恨みつらみの感情が、これまで以上に出たりと

一時的な状況なのに勝手に永遠に続くと思い込んで不安になったりと。

 

 

タロット占いの結果がずっと続くわけではないので、安心してください。

一時的なものに心を乱されすぎずにしましょう。

 

 

タロット占いを活かすも殺すも自分次第です。

 

☆☆

琉月