タロットを触れてみる【タロットリーディング】とは

 

 

タロットは「大アルカナ」22枚と「小アルカナ」56枚

合計78枚のカードから構成されています。

 

 

そして、カード1枚1枚に正位置と逆位置で意味が変ります。

たとえば、魔術師(ザ・マジシャン)のカードは、

大アルカナの1番始めです。

 

 

1番のカードなので、「物事をスタートする」

という意味があります。

 

 

このカードが面白いのが机の上に注目です!

ワンド・ペンタクル・ソード・カップがあります。

 

 

1枚のカードに4つエレメントが揃っているので、

「準備はOK!」という意味もあります。

 

 

琉月は鑑定中、カードの意味も考えますが、

鑑定に来た方のエネルギーでしょうか、

絵のある場所が気になることが多いです。

 

 

花だったり、腰に結ばれている紐だったり・・・。

気になったことをお伝えしますので、怖がらないでください。

 

琉月はまったく霊感ありません。

 

カードが「ここを伝えて欲しい」と言っているので、

それをそのまま伝えています。

 

 

上手く進めない場合などは、気づかなかったことを

気づくこともできます。

 

 

気づいたらあとはどう解決するのか?

 

・どう行動しればいいのか?

・どう向き合うか?

 

2点がしっかりと考えれば、自然と良い方向に流れます。

 

 

誰でもキラキラと輝けます♪

ちょっとした変化で変ります♪

 

 

はじめの一歩のは怖いですよね。

でも、それじゃいつまで経ってもキラキラ輝けないです。

 

キラキラと輝くお手伝いを琉月はお手伝いします。

琉月のプロフィール

 

琉月に見て欲しいと直感で思えば後は幸せの階段を

登るだけです♪

 

☆☆

琉月