見逃す人と見逃さない人の違い

海の上にかかる大きなアーチ型の虹。
あまりの壮大さに、言葉を失います。

朝、エプロンを着たおじちゃんがアイスコーヒーを持って

坂道を歩いていました。

 

 

パン屋さんのおじちゃんで、仕事で一段落したんだなと

思いながら見ていました。

 

 

でも、このおじさんですが何か気になるんですよね・・・。

カッコイイとかじゃなくて、なんというか・・・。

 

 

ずっと下を向いて歩いていたんです!!

 

 

一度も顔を上げずに下だけ見て歩いている。

これって普通なのかな???

 

 

このおじちゃんとすれ違った後、空を見上げると

大きな虹がはっきりと現れていました。

 

 

下ばかり向いていると、大きな虹を見る機会を

逃しちゃうんですね。

 

 

これってチャンスと同じだと思います。

 

 

下ばかり向いている人って、目の前に大きなチャンスがあっても

見つけれないんですよね。

 

 

文字で「チャンスです」と書かれていたら、分かりやすいんですけどね。

 

 

そんなことは出来ないので、チャンスを見つけ自分のものにするためには、

常に前を向くということが大切だと思います。

 

 

 

 

下を向いていた人は今日から前を向いて歩いてみてください。

楽しい発見やチャンスに巡り合えるかもしれません。

 

☆☆

琉月